« 合間/32 | Main | 合間/33 »

for me(foryou?)

自分の頭に池が出来て
そこに飛び込むお話

小学生の時に読んだ本、忘れられず
その後自分がこんなに長生きするなんて思いもせず

色々悩ましい時に自分の頭の中にできた池を意識して飛び込みたいと思ったとき

Sさんの舞台があることを知り思い立って足を運び
(そこには忘れられない舞台があり私はSさんのファンになりました。)

そこで教わり知ったのは

「逆立ちで踊れ」と言ったのはニーチェである。或る日、林と目黒が逆立ちしてゆれていた。
で、私は「死体は踊る」と言ったのだ。
<ダンスでないものは無い
とすればダンスではないはダンスである>筈だ。
この、あるとないの間の在るか無きかのダンスで無いがダンスで在る。在るのは、
未だ<なにものでもないもの>の運動性である。
脆く果敢ない夢のような移動の奇跡である。 
室伏鴻


たまらなくて體が震えた。

今も読み返しては震え
今日もただただ生き恥をさらす
楽しい時も
苦々しい時も
さらしまくり。

|

« 合間/32 | Main | 合間/33 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事