« August 2016 | Main | October 2016 »

母と

実家で母と頂くお菓子

引網香月堂
Img_20160924_144856


Img_20160924_144825

彩雲堂
Img_20160924_145024

障子の自然光が美しく
光と頂く美しい和菓子

|

神尾さん

Img_20160922_084304


Img_20160922_084458


Photoshake_1474513635272


Imgp3547


食事をするということがこんなに楽しく、また沢山の知を無知な私に教えて下さり

今生知らないまま死んでいくことが沢山あり、来世それを埋められるとも思えず

神尾さんにお会いすると世の中の深淵を改めて思い知らされます。

感謝と再宴を祈り。

ご馳走様でした、潔いその姿を拝見でき嬉しい夜でした。

|

合間/28

國學院大学博物館


解説ミュージアムトーク Ⅰ
「『死者の書』を漫画化するということ」
講師は近藤ようこ先生
Dsc_0301_2

先生の着物姿の美しいこと、丁寧なお話
こちらに当日の様子が

↓嬉しすぎました

Img_20160911_075355

國學院大学博物館、初めて伺いましたが常設、企画展示ともに考古学の色々を無料で見せて下さるという
なんとも豊かな場所。またすぐに寄らせていただきたい場所です。

その足でかつての仲間の舞台へ

♀∀nkhi

↓お借りした写真です、美しい

Img_20160910_191823


逞しく美しく素晴らしい舞でした

Photoshake_1473500139078

お土産
365日
のパン
想像以上の美味しさ

Img_20160911_091906

出掛けると何か一気に降ってきて吸収できて驚きと充実の日でした。

|

舞台を観て

Camale hoju舞台

POWER-存在と代謝-を。


私自身踊ることから離れての生活が続き、何方かの舞台を観る事に畏怖を感じていました。
敢えて踊り以外のライブや芸術に触れることを選んで時が過ぎました。
もちろんそれは間違えなく私の糧となりました。

でも踊りは怖かった。

舞台公演の3日、朝から体調が整わず
足元もフラフラ、水をこぼしたりグラスを落として割ったり
体調が悪いというより緊張や不安が体を占めていたのかも。
(自分が踊るわけじゃないのに、なんか動揺していたのでしょう
でも反面、舞台を観れば体調は整うという確信がありました)

会場につき、Mさんの笑顔で少し気楽になり
壁面の書に目を奪われ

舞台がはじまり

もう。
涙涙。
言葉にはできない見えない何かが私の心奥底に終っていたものをすぅっと引っ張り出してくれるような
Camaleの皆さんの體から発する色々に
ただただ感動し感謝する一時で

舞台が終わり
何か言葉にすると泣き崩れそうだったので
皆様には簡単なご挨拶で退出させて頂きましたが
沢山の色々を胸に帰路につきました。

(帰りの電車内で涙がポロポロでて完全に危ない中年女でした)

「存在と代謝」
素晴らしいタイトルだと思います。私にとって特別な日になりました。


Img_20160903_222737


|

合間/27

山桜桃屋さん


Dsc_0301


Img_20160902_134339


Dsc_0303

富山の和菓子を頂きました。
Dsc_0304

お土産8みつ餅は冷やして家で頂きました↓


Img_20160902_212019


横浜F.A.D20th

仕事終わり後、電車遅延に奔走し遅刻して到着。
そして素敵なライブでした

Img_20160901_215704

魚屋さんが無料でほぐしてくれると貼り紙があったのでついつい買って
(なんて楽なんでしょう)
粒も大きく、キラキラ。

1472898322970

秋が来ました。

|

« August 2016 | Main | October 2016 »