« October 2015 | Main | December 2015 »

合間/7

ボルケーノ、開封したけれど静かなまま(*_*)

静かに頂きました。


Dsc_0051_devine


宴↓
@obica
Photoshake_1448200600124

有難う↓
Dsc_0054


美味↓
Img_20151122_104023

至福の時間、読んだり聞いたり↓

Img_20151122_151831


|

二つの舞台を観に/2

Img_20151113_171129

セルリアンタワーにある能楽堂にて
「イナンナ冥界の下り」を

皆さんが登場するだけで涙が溢れました、恥ずかしい位ブワッと。

何をしに来たのだと心の中で自分を叱りつけ、気を取り直し。

二つの言語の配置も心地よく、内容もわかりやすく
とにかく演出が面白く見いるばかり。演者の結束感が能の舞台に漂い
ほの暗い会場はあやかしの中にも高揚感が満ち満ちていました。


Dsc_0046
この神事はこれから繰り返されていきます。
舞台の更なる進化をできる限り目撃していきたいと思いました。

額田大志さんの舞台
「それからの街」

素晴らしかった、音の無い音楽劇、
静かに、されど密度ある感性、若き才能のほとばしることとめどもなく。
ミニマルな状況に想像力を掻き立てる部分が風の如くふわりとやってくる
額田さんのシナリオ=楽譜をなぞる気持ちで

演者の皆様の到達点の高さも、スタッフの皆様の細やかさにも
頭が下がるばかりでした。

偶然両日共に五感のいくつかをふさいで残りの感覚を研ぎ澄ます舞台だったように思います。

両日の舞台、ともにパリの同時多発テロと重ねて経験することになり
現実の何層もの重苦しさと、舞台に触発される自分と

共にしばらく複雑な余韻に支配されそうです。


余韻を引きずり、実家の花を見つめる休日也

Dsc_0048


|

合間/6

Img_20151107_160535

猿楽珈琲

Img_20151107_142929

舞踏の初舞台だった辺り↓
(我ながら稚拙にもほどがある舞いでしたがなんかがむしゃらでした
痛々しい(*_*))

Img_20151107_155336


石の公園(若しくは以前よその犬に噛まれた場所)↓

Img_20151107_155213


Img_20151107_155619


Img_20151107_155241


Img_20151107_155722

HBD!!( ^-^)ノ∠※。.:*:・'°☆
Img_20151111_203503


|

二つの舞台を観に

舞台を観に行きました。
一つは黄金町nitehiにて渡辺梓さん演じる「宮城野」

一つは立川志らく独演会with ZAZEN BOYS@国際フォーラム

⭐「宮城野」

nitehiの空間を隈無く活用しての二人芝居


Img_20151024_203404

至近距離で男女の艷を琵琶と箏の音色とあやかしのライトペイントと

nitehiのもつ磁場になんとも言えない空気が満ちて

とはいえ濃密を漂わせたままでなく潔い塩梅の上演時間。

演者に対してよく○○が憑依して、降りてきて、等々
感想として今まで見聞きしたことがありますし、その方の真意の感想として受け止めておりましたが

私は

霊的な「降りてくる」というのではなく、各々が平等にもつ記憶を糧に
各々のDNAが自ら動く
今回の場合は誰もが持ちうる「宮城野」というDNAが
演者の生きざまを通して立ち上がった

梓さんありきの梓さんの宮城野を見ているから心撃たれる

その人の中から発するものを見たいのだと

帰り歩く伊勢佐木長者町、脳内BGMは勿論あの曲。満たされたと思いきや翌日にはまた次の宮城野欲に追われるという…

⭐立川志らく独演会with ZAZENBOYS

今生どうにか体験しなくてはと思っていたZAZENBOYS

それがあの志らく師匠と、国際フォーラムで、何!?
幕明けから痺れました。
互いの敬意ありありの真剣勝負

asobi~紺屋高尾~asobiの流れは艶やかでお見事でした。

あの場にいた女性は殆どが心奪われ帰路についたことでしょう、

遊び足りない/アソビタリナイ
そう後ろ髪ひかせる人に出会えるのは人生の喜び。

Img_20151030_220456_2_5

翌日、夢半分のうつつに戻りつつその感覚を大事な友人へ伝えに
(途中まさかの再会も、嬉!)私にZAZENの存在を教えてくれた友人。

代沢の静かなお店で


Dsc_0029

梓さんにも、志らく師匠にもZAZENBOYSにもそしてマユミちゃんにも

            シビレマシタ!

|

禅a.k.aヘンタイカイテンズシ

小田原のあのお店に。

あじわい回転寿司禅


48年熟成ハモンイベリコやモンサンミッシェルから空輸のムール貝など本気のメニューを寿司を食す合間に重ねていき胃がすぐタイムリミット

リセットしてまた行くべき場所

Dsc_0008_3

Img_20151018_104534_2

その後歩いて箱根の立ち寄り湯へ
道中景色の美しいこと


Dsc_0013


Dsc_0012_2

帰宅後は貴重な胃薬を。

Img_20151017_215226


|

« October 2015 | Main | December 2015 »