« 金沢方面 | Main | 喜会 その2 »

喜会☆御礼

7/21 喜会 無事終了いたしました。日曜のお昼時に沢山のお客様お集まりいただき心から感謝しております。

晴れ豆の皆さま、フライヤー製作戸上 泰徳 さん/Graphic Group Twelve、ありがとうございました)

Bps3glxcmaeiupy_2

Photo_22

1012385_491043817645638_317320610_21005327_491431940940159_332956048_n




Omodaka ×キカ
1011363_491043790978974_1446452803_59410_491043990978954_1017182021__2

972245_491044034312283_1330306390_n

ヨロ昆撫(ヨロ市☆きる実{タカダアキコ})
994862_491044040978949_1684968722_n45459_491044114312275_315853847_n


943622_491044077645612_2130353138_n


石川浩司×みっち。555196_491044174312269_1769844161_n


943648_491044234312263_712895149_n988249_491043894312297_1824325648_n995931_491043947645625_1315834985_2540235_491044164312270_620858149_n




(ライブ写真は小林和彦氏)



Bpr71g9cyaemwhBprgp_nciaaecin

Dsc_0893Dsc_0894


Dsc_0892Photoshake_1374927865978











~あな楽し  今日の楽しさ   古もかくや有りけむ  今日の楽しさ~  (詠み人ateh さん)

      喜という字、よろこぶ感情は元来人間自身よりも「神を喜ばせる」意味があり 上部の、(こ)の部分は楽器をあらわし「鼓」に通じ また下部の「口」は人々が歌う、祝 詞祈祷を捧げるの意で、「喜」とはもとは鼓楽して神をよろこばせる神楽(かぐら)の意 味の文字とのこと、後に人の喜笑を表すようになったといわれています。  それぞれのリズムを持ち続ける表現者が集い  その日の「喜」が豊かに実り有ります様に    

実りありました、よかった♪

540257_491043950978958_299277112_n

ロケンロー

|

« 金沢方面 | Main | 喜会 その2 »

「live」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 金沢方面 | Main | 喜会 その2 »