« September 2011 | Main | November 2011 »

closing party

わたりがらす 立ち退きのため移転  そのクロージングパーティーDsc_0142 Dsc_0144 shine

Dsc_0148_2  Dsc_0157_2

Dsc_0145_2 Dsc_0151 Dsc_0171Dsc_0149 Dsc_0158

                        ☆美女と御犬様↑

20111028_212423_11    

↑凄くいい感じのデザイナー集団、一番右のかたは タンゴダンサー!

Dsc_0154

これが…

1319799278078_2

Dsc_0152

ムチウチさん…

Dsc_0174_3

美しい母とその遺伝子を受け継いだ娘さん方 ネットストアをなさっている

20111028_232349_3   

dj neonao  しのぶ いつものメンバー

Dsc_0183

しのぶ(入籍おめでとう)コサックダンス

Dsc_0179 Dsc_0175

16643545_1384770074_135large

1319803276376

20111028_212525_4 

Dsc_0190_3

村上秀貴さん 以前はライジンという雑誌を自主制作してらした、ある日料理の世界に飛び込んでいった

また今後も必ず 面白いことをやってくれる人 

更なる邁進を楽しみに ひとまず本当におつかれさまでしたshine

| | Comments (0)

○∞

Dsc_0124_2

秩父ミューズパーク 自然の中に忽然と現れる 音楽堂。

周囲は虫の音がワンワンしていた

Dsc_0125 Dsc_0126_2

ハシケンさん  姉みっち。のライブ  

みっち。 一度遊舞してから でる声が 物凄く伸びやかで 人の体って面白いなあと思った。

大田恵資さんは相変わらずの色っぽさ 卒が無さすぎって思ったけれど 後半voiceのときに前にドドンと出ていらした やっぱり卒が無い。

河村博司さん(ex: soul flower union) 改めて この方スゴイとおもいました、音楽大好き 仕事厳しい仕事人は 舞台にたつと 音楽そのものだった 震えた。あまりのあれに 呼吸忘れた。

Dsc_0127

石川さん は(…本当に昔長髪だったの??)

Dsc_0128_3 

登場するだけで 会場が沸く。体内(胎内な気もする)リズムが予想外なんだけれど 自然、石川さんだけに産まれる リズム感なのに 押し付けがましくない。 

(映画で久々のランニング姿が見られるようで)

そしてハシケンさんは奄美に縁があるようですが 私は海よりも 山の偉大さを 感じました。フレームがっしり。 

(みっち。のことは 本人に直接伝えるので 割愛heart

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ヨッシー&りさちゃんの 結婚式

20111023_194837_2

↑美しいshine

Dsc_0136

Dsc_0141_2

↑新郎yossyの人望に頼もしさを感じながら 

20111023_173609_3 

↑ハリスどんが証人。(証人!?) ←いやいや 素晴らしかったです いいお声でした

…神父様のお話

「すべてをこらえ すべてを信じ すべてを望み すべてを耐え忍ぶ 」

の 時に 思わず 遠くを見つめてしまいましたが…

その後 のお話が 人間くさくてよかったです。

20111023_172812_2

↑かつてお世話になった ビアンカさん と そのダンスチームの華やかな皆さま(新婦もその仲間なので)

私の横浜時代の恩師です。 久々の再会で 凄く優しくて 

色々思い出しそうで ちょっとグッときてしまった。

Dsc_0138_2

yossyheart lisaちゃん 末永くお幸せに 二人に味方している空が本当に清々しいばかり

おめでとうございます

|

→○

私が20代のとき 40代の方が いつか必ず見なさい!と 言った映画 「愛のコリーダ」

(特に「かまやしねえよ」のシーンを 推しておられた)

薦めて頂いてから随分経ってしまいましたがようやく 鑑賞いたしました。

20111014_213236_2 吉っつぁん走る

Dsc_0122_2

高校のとき○○○区に藤さんのお家があるので見に行くというグループがいて 「迷惑かかるから怒られちゃうよ」って言った記憶があるのですが 今となれば 私もいけばよかった。

(2000年を越えて今 私の中で第一次 藤竜也ブームが。)

 撮影現場が誇り高い現場であったと

貴重なインタビュー記事を載せてくださっていたブログより撮影時の演者の心情を想像し 益々胸がいっぱいになりました。

(shineBill McCreary様 掲載許可有難うございましたshine

首を絞めるシーンは 涙が溢れました。なんだかどうしようもなく悲しくて。

人を好きになること

色々おもうところがありました。

○10年前 習い事で織った一枚 実家に戻ったとき 手にとって

Dsc_01115_4  

脱脂綿やら 木屑 木の枝 和紙やら を 織り込んでいます。先生が色々織り込むことを自由に許してくださったので調子に乗って織らせて頂きました。

教室ではボサノヴァがかかっていたので緩やかな織り目 

でも自宅で織ると そのときは変拍子をよく聞いていたので それに合わせてガシャンガシャン織ると

織り目が詰まったり ユルユルだったりめちゃくちゃ。

こういう自分もいたのかなと そのときの自分が考えていたこと、なんとなく思い出せるのですが 

過去は過去で 今の自分と別物、当たり前だけれど

いいのか悪いのか そんな気分。

○まゆみちゃん

20111015_164420_4   

音楽も映画も演劇も 湯水のように話が途絶えない女性 母となっても今もこんなに魅力的 私の大事な友達

20111015_164623_2

(楽しくて シードル飲み過ぎた…)

私は彼女からどれだけ 影響を受け どれだけ 助けられたことか

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今 ある お教室に通っています。 

身体の使い方が全くできていなかったことに ショックをうけつつも

新たに教えていただく一つ一つ 感動しております。

こんなにも身体を使っていなかったなんて。身体の奥の…更に奥のほうとの対話。

20111001_195211_2

20110928_204344_4

追伸 なおみ ありがとうshine

| | Comments (0) | TrackBack (0)

名刺

名刺を作って頂きました。

Dsc_0112_4

前の名刺、 この花のモチーフ とても評判がよかったので そのまま残して

Kknk

この絵を描いてくださったchienoix様 デザインはお任せしますとお願いしたら この花を。

この花 プロテア

1

砂漠で咲いて 水が無くても一人で生きていく そんな意味も込め (それは寂しい?水が無くても日本酒で。)

そのデザインを見て 「これを活版でやったら益々よいのでは」と 言ってくださった イチクラさん

ダンスの教室で知り合った よしこちゃん の パートナー

イチクラさんと出会って 世界一周旅行して

http://www.ichi-hachi.com/

 帰国後 活版の技術に出会い それを仕事に。

そんなご縁で 名刺をお願いしたら こんな風に仕上がって 今日 ポストに入っていました。

丁寧な梱包と カードが添えてあって ものすごく嬉しかった。

今回の名刺は 肩書きを消しました。 それが今の自分にふさわしいと思いました。

写真でこの風合いが伝えきれないのが悔しいのですが

Dsc_0114_2

活版ならではの凸凹がみえますでしょうか …と 写真では難しいので 

 

このブログを読んでくださった奇特な方々 お会いしたときに どうか 受け取ってください。

(90%電話にはでませんが…メールはそれなりに。)

イチクラさん よしこちゃん お忙しいなか 身重な中 ありがとうございました、大事に 手渡していきたいと思います。

Bird Design Letterpress

http://birddesignletterpress.com/index.html

|

« September 2011 | Main | November 2011 »