« えぼし | Main | ボルベール »

ラプソディ イン ブルー

Image060 服部有吉さんの舞台でした。ずっとずっと見たかったのです、彼の舞。

今日は母の誕生日でもありまして一緒に見にいきました。

金 聖響さんの右手がすっと動いた後、舞台上に鍛えられたいくつもの背中が視野にはいってきただけで涙がぽろぽろぽろぽろ止まらなくて参った。悲しいシーンでもなんでもないのに。

見終わった後、母に話しかけようとしたら言葉の前に涙がでそうでわなわなしている自分。

またしばらく彼の、彼らの舞台が見られなくなるなんてさびしい。今日が終わってしまう。あのダンサーのあの動き、人と成りの魅力

入り口でたくさんのこれから開催される音楽やダンスのパンフレットをいただきました。(数えたら48枚もありました。)

最終公演、梅田はまた盛り上がることでしょう♪

|

« えぼし | Main | ボルベール »

dance」カテゴリの記事