« 無尽蔵を終えて | Main | サケカスの底力 »

手紙

Photo_15 この正絹のポーチ、以前Tさんというマッシュルームカットが似合う(そして大きな眼鏡)ご婦人に以前作っていただいたもの、色あわせもTさんならでは。Tさんの普段の趣味嗜好は白洲正子さんに通じるものを勝手に感じています。(…そして本当のお嬢様なのです、=OJS)

この中には母からの手紙やメモが入っています。最近はメールが増えましたが、やっぱり手紙はありがたく、読み返してはまたポーチにしまっての繰り返し。

先日、大切な友人から手紙をもらいました、とても忙しいはずなのに心のこもった手紙、心の言葉を書いてくれて、読み終えたら体が温まっていてびっくり。

アリガタイは「有り難い」事、あるはずのないくらいのこと、S様、メッセージ本当にアリガトウ☆

手紙を書く習慣がおろそかになってしまい年々字が汚くなる私、一生懸命友達に手紙を書いていた学生の頃のほうが字にもゆとりがあったのかもしれない…

|

« 無尽蔵を終えて | Main | サケカスの底力 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

「有り難い」。そうですね。

パソコンが普及してからというもの、
手書きで文章を書く際、あまりにも漢字が書けなくなっていて凍り付きます。
学生時代は、授業中に手紙まわしたりしたなー。

Posted by: まり | June 02, 2006 at 05:54 AM

なんだか心暖まる気がしました。 手紙ってその書かれた字や空間からも相手の感じが伝わってくるものですよね…。 この頃はもっぱらEメールで済んでしまいますが。 

Posted by: luxe | June 02, 2006 at 09:39 AM

私も手紙って好き。
メールも手紙も同じ文字だけど、
手紙はその人の字で書かれるから暖かいんだろうね。

最近はもっぱらメールに頼ってしまってます。汗

そのポーチ、優しさと強さが融合してる感じを受けました。
ステキですね♪

Posted by: ともこ | June 02, 2006 at 03:11 PM

お久しぶりです。kikaさんて、こうゆう方だったんですね。ブログを読んでて、なんて繊細な人なんだろう・・と感じています。とってもロマンチックで素敵な人ですね。感化されて、香水をつけてみようかと思ってみたり、ウエストに行ってみようかと思ってみたり・・・。あ!辻利は行っていませんが、京都は大好きです。あの独特な外国的日本は安心感がありますよねー。てなこと考えてみたり。ではまた。

Posted by: taki | June 02, 2006 at 09:49 PM

まり様
☆あのボディペイントはまさにあなたからの手紙をうけとった感覚でした、今度は顔に書いて欲しいです…
luxe様
☆手紙が当たり前だったときは、もうただただ勢いでその時好きだった人のこととかわけのわからない事ばかり書く、それだけエネルギーがあったということですね、文字にもそれなりの念が入っていたと思います。たかだか文字、されど文字、人と成りが浮き出てくる…
ともこ様
☆私もメールばかりなのです、でもペンをとって文字を書くというそのひと手間を私にかけてくれた友人の存在に感謝しきりで。ポーチ制作者は本当にかわいらしい大先輩の女性です。そしてOJS!
taki様
☆お久しぶりです、お元気ですか、そしていえいえ繊細だなんて、今日も洗濯物を3メートル先のかごになげいれた私ですよ!
でもtakiさんとは趣味のこととか、もっとお話したいです、今後の楽しみの一つです。ウェストでお茶しましょう♪

Posted by: キカ | June 02, 2006 at 11:12 PM

手紙。昔はあんなに書いたのにああ。
思うは同じでも、送り出したり予期せず届いた何かに包まれる言葉の集まりは手にした時は違いますものねぇ。
漢字もうっかり間違いが出てきてますので、大事ですな(汗

Posted by: 安眠枕 | June 03, 2006 at 08:20 PM

安眠枕さま☆同感です。大げさですが手紙に情熱かけていたころがありましたよ。
文字をかかなくなると漢字、わすれてしまってました…こんな日がきてしまうなんてついぞ想像せず。これは危険だ…

Posted by: キカ | June 04, 2006 at 09:29 PM

The comments to this entry are closed.

« 無尽蔵を終えて | Main | サケカスの底力 »