« January 2006 | Main | March 2006 »

美しい線

200602260123000 mari doikawa さんにボディペイントしていただきました。

静かにするするとこの模様が描かれていく時間。

美しく繊細なたたずまい。でもライブペイントのときの後姿は力強さを感じました。今度はどこに描いてもらおうかしら、mariさんまたよろしくお願い致します!

| | Comments (2)

ottoりえちゃんの写真とくまるさんの念写

DVC00001 DVC00003 DVC00008 DVC00017                       

←otto,他大活躍のDJりえちゃんの写真、いつもありがとうね!

P1000129 P1000130 P1000132 そして夜中にもかかわらずTカダAキコさま、来てくれて本当にありがとう、心強かったわ~なんか残像写真ばかりになっちゃった…

| | Comments (3)

「電気用品安全法」

マイミクの方々よりコピペしてお伝えします
-------------------------------------------
フェンダーやマーシャル、メサブギー、ハイワット、ダンブルのアンプ
ローズ、ウーリーツァーなどのエレピ
ミニムーグ、プロフェット5、アープオデッセイなどのシンセ
UREIやNEVEなどのアウトボード、コンソール
ハモンドオルガン、テルミン、オンドマルトノ、その他すべてのヴィンテージ電子、電気楽器

例えばストロベリーフィールズフォーエヴァーのメロトロン
マーヴィンゲイのウーリーツァー
EL&Pのハモンドやミニムーグ
チックコリアのローズ
ジミヘンのマーシャル
レディオヘッドのツインリヴァーブ VOX AC-30
その他コンパクトエフェクター類

全  て  死  亡

直接電源の無いエレキ楽器類は平気っぽいが。
上記のものはネット販売、オークション、さらには個人間の売買すら禁止!!

2001年4月に施行された電気用品安全法によって、過去に発売された電気機器の販売がいっさいできなくなります。現在は猶予期間中につき販売は可能ですが、猶予期間は2006年3月31日で終わります。つまり、今年の4月1日からは、古いゲーム機や、ビンテージアンプ、シンセサイザー、オーディオ機器、レーザーディスクプレーヤー等の売買ができなくなるのです。

この法律によって、

楽器を弾く人やDTMをする人は、各種アンプ、シンセサイザー、電気オルガン、DTM機材などが
音楽を聴くことが好きな人は、レコードプレイヤーやCDプレーヤー、アンプ、コンポなどが
アニメや映画などAV鑑賞が趣味の人は、レーザーディスクプレーヤーやベータ規格のビデオデッキなどが
ちょっと昔のゲームが好きな人はプレステやドリキャスなどが

今年の4月から二度と手に入らなくなるのです。

ひとごとではありません。この法律によって影響を受けるのはあなたです。
これらの文化的損失を許さないためにも、少しでもこの法律のことを知って広めてください。
今ならまだなんとかできるかもしれません。法律が本格的に施行されてからでは遅いのです。

石橋楽器買取販売終了のお知らせ
http://www.ishibashi.co.jp/nagoya-sakae/used/used.htm
電気用品安全法(法令データ提供システム)
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S36/S36HO234.html
電気用品安全法のページ(経済産業省)
http://www.meti.go.jp/policy/consumer/seian/denan/
電気用品安全法の概要(経済産業省)
http://www.meti.go.jp/policy/consumer/seian/denan/outline/hou_outline.htm
電気用品安全法
http://homepage3.nifty.com/tsato/terms/denan.html
電気用品安全法@2chまとめ(かなり詳細です)
http://www8.atwiki.jp/denkianzen/

これは大変な事です。
ローズピアノやヴィンテージアンプが闇取引される時代・・・・
しまいにゃ中古エフェクター類全部死亡・・・・・・

シューゲイザーというジャンルが日本から消えるのはまず間違いない。
次にアンプが欲しくなっても誰も買い取ってくれないし、友達に売ることすらできない。
フェンダーやVOXのヴィンテージトーンは日本では一生得る事が出来なくなるし
NEVE等のミキサーアウトプットプリアンプで作られるレコーディングサウンドプロダクションも日本では不可能になる
ローズピアノをメインに据えているバンド達は、そのローズが修理不可能な状態になったら解散?????

これは大変な事です。

一人でも多くのバンドマンに知ってもらうために、これを見た人はコピペして自分の日記でも載せてあげてください。
あまりに知られていないこの事態をまず世間に広める事が必要です。
よろしくお願いします。

| | Comments (4)

ホン

小さい頃から本を読みなさいといわれてまいりましたが、いざこれを読むとなると読む前になぜか力が入って疲労してしまう傾向が私にはあります。先日私の尊敬するOさんに借りた本「スプリット」~カルメンマキさん、甲野善紀さん、名越康文さんの対談集…読解力に乏しい私ですが文字の大きさも手伝ってあっという間に読み終えました。歌手と武術家と精神科医の会話はすがすがしさを感じました。「純粋な行為そのもの」…ふ~ん…

あともう一冊はわたしが以前御香のお店に勤めていたときに読んでいた「香道入門」~久しぶりに目を通すと内容ほとんどわすれてしまっていてショックでした。所作よりも香りの正体、原料ばかりに目がいってしまいます。よくこんなものを調合することを先人は考えたなあと思います。いわゆる動物の分泌物。これが入ると入らないとでは大違い。マルチェロマストロヤンニ氏が女性のタイプはちょっと「におう」人のほうがよいとおっしゃられていました。「臭う」と「匂う」…多分氏であれば前者の方だと私はおもいますが。御香のお店でお世話になったTさん、今は香席の発展に努めていらっしゃいます、香席の華です。

| | Comments (1)

« January 2006 | Main | March 2006 »