« October 2005 | Main | January 2006 »

キカンシエン

仕事が一段落したとたん風邪&気管支炎、が私のところに来てくれました。空気がやたらと乾燥しているので鼻呼吸できないと口がカラカラになって苦しいです。朦朧としながらラジオをつけると久々に大川興業前総裁大川豊さんの声が…jam the world 金曜担当だったのに裏ネタバシバシいうから降板してしまったのか、今回はゲストとして登場しておりました。ことしを振り返って気になったニュースについて、またとんでも発言をして私は熱があるのに眠れませんでした。今年一年を漢字一文字にすると「欲」との事。来年は良い年に~とは簡単にはいえなさそう。いやだなあ…それにしても大川さんの声、すごくいい声。大好きです。

| | Comments (0)

DWP年末の集い/中目黒bar raijin

DWPshala,坂元さん)と新年ウェディングパーティーにてライブをやることになり打ち合わせで集まりました。(shala宅にて、かっこいい住まいで羨ましい!坂元さん、甘いもの大好きなんですね、見事な食べっぷりで)結婚式でこのメンバーでできるなんて。来年はこのメンバーで2/10にイミグランツカフェにてライブをやります。こちらでライブは最後になってしまいます。我々のスタートの場でもあり、大変お世話になったこの場所。誠心誠意こめて踊りたいです。

そのまま中目黒のバーライジン(バナクラ)へ。無農薬野菜のおいしいこと!サトイモを煮たのと鮮やかな緑の小松菜、イカのわた、と佐渡のお酒が良く合います…、村上さんのいるこのお店、料理も会話も気持ちがこもっていて大げさかもしれませんがちょっとグッときます。新年会は4日、ライブと踊りやるかもです、楽しみ~

| | Comments (1)

ささやかなクリスマス

utsuwa_001クリスマスから一気に正月モードな東京ですが、私にとってはやっとクリスマス(単においしいものが食べたいというこじつけ)を味わえる時間がきました。12月の頭に荻窪にある図書室みたいなカフェで植松直美さんの陶展がありそこで購入した器を使おうと 。

丸ビルにutsuwa_009あるユーハイムディマイスター、こちらのドイツパンが大好きで、イチジクとベーコンの入ったパン、惣菜、チョコレートケーキを購入。バウムクーヘンで有名なこのお店ですがドイツ菓子といえばシュトーレン…シュトーレンは探してみたものの…無い?というわけで急遽漆ばりに輝くケーキにしてみたのですがこのドイチュラントというこのケーキはとても濃厚でこのチョコレートを注射したらおかしくなってしまっている自分を想像するのでありました。食事のマナーなど一切ない状態で口の周りも指もチョコレートソースだらけになり快楽の時間は終焉。

utsuwa_005

さて年末です。

| | Comments (0)

4日間のWS

15時から21時にかけ、身体塾と表現塾をこの四日間体験してきました。どこの馬の骨ともわからないたかだか私に、、参加者皆に全身全霊でぶつかってくださった日野先生と安藤洋子さん、感謝の気持ちでいっぱいです。即興という言葉、氾濫しているけれど簡単に使うべきではないし、それをやるからには一瞬一瞬感じることの大切さをもっと自覚していきたいと思いました。もうウソっぽい即興風なことはやりたくありません。わたしの次踊る機会は1月に控えていますが、感じたままに踊りたい。あっという間に過ぎてしまった四日間、終わってみると寂しさが溢れます。それだけ濃密な時間をすごしたのだと思います。今日のお酒はおいしいぞ~

| | Comments (7)

キョウコツノケイコ

はい、某ワークショップでております。キョウコツ…kyohkotsu?動かない…ひい~っ

あと2日、あと2日しかない…

| | Comments (0)

カニガキタ

200512171729 金沢の叔父から蟹がおくられてきました。…と実家の母からの写メールなので私は食べていません。金沢はおいしいものがたくさんあります。川魚の唐揚や生麩や他にもたくさん。食べることが好きな叔父に以前つれていってもらった山の方にあったお店、記憶があいまいなのですが、そこでだされた食事の中で温かいお蕎麦にいのししのお肉と裏の山でとれたキノコがはいっており、そのキノコがなんだったか覚えてないのですがとにかく香りが強く、紫色をしていました。私の食べ物の記憶のなかでこれが一番引っかかっています。特に香りが今も思い出されます。あのお店はまだあるのでしょうか、金沢にいきたいですが、寒波で大変なことになっているとか。

| | Comments (0)

魅せられ、そしてまた食べる

中目黒asmaraでkikiさんのベリーダンスP051215_2049 。もってうまれた華やかさ、照明いらずキラキラでした。鍛錬された体と繊細な動きと…∞花のようなお方です。

ダンスも見ることができ、お話しもでき、美味しいアスマラのディナーを食べて浮かれた私はテンションがあがってしまい夜道をダッシュ。

明日帰ってしまうジョアンと矢野さん、マミさんとおそば。話をしているうちに自分が人のライブを見る中でどこに重点をおいて見ているか、それが以前の見方と変わってしまっているときがあることに気づく。それは自分に足りない部分を吸収しようとする上での見方であることには変わりないのですが…皆の意見を黙って聞いているとなるほどなあと思うこと多々あり。困惑する私の様子を見てジョアンに「良く眠って食べて本を読んでまた眠って、そういう時間も大切だからね、ちゃんと休んでね」といわれた。今月に入ってよく食べてはいるけれどあとの二つはできていない。久々に会ったひとにそういわれたということはやっぱりそういうことなのでしょうか…スペインの海辺で皆で舞う約束をしました。スペインでの演出家としての活動は多忙を極めているようですが、再会を信じます。

| | Comments (0)

wedding party,そしてまた食べる

10日はケンイチさんとリョウコさんの結婚式2次会にてdance/zilli,teddy kumagai氏とともに横浜の本牧にあるゴールデンカップで祝福の舞~。このお店は1964年からあるとのこと。本牧通りはマイカル本牧ができた当時よく通っていました。(italian gardenとかzemaとか…懐かしい)ベースの人が集う独特の雰囲気。お店の「お父さん」のかっこよいこと!そして今日の主役お二方の人柄にじんとくる一日でした。新婦のリョウコさんはとても美しい方で女優さんとみまがうほど。キュピメンバー勢揃いだったので全然緊張せずはしゃいで踊ったり食べたりして。ああ楽しかった/あの場にいたすべてのカップルの方々、心からお祝い申し上げます。

日を改め食追及つながり涌井さんと渋谷のトルコ料理ヒラルへ。豆とニンニクと羊とチーズ。コースでたのんだのでギョズレメ食べられず。涌井さんがマクロビオティックを勉強したときの話(デトックスにはパクチー!)を聞きその後内臓系の話、天ぷらの話、食事しながらさらに食事のはなし…最後のライスプリンがまたおいしかったです。お店の方の満面の笑みに見送られ帰路に。

今月は胃薬とともに過ごします。

| | Comments (0)

ボサノバを…/そして日の出町

千駄ヶ谷津田ホールにてボサノバギタリスト木村純さんのコンサート。友人kachiのお誘いで行ってまいりました。私のもっているcdのなかにはボサノバって全くないのです、あったかもしれないけれど…どこにあるかなという…(お好きな方、すみません)なぜ聞かなかったかはここにはあまり書けません。ともあれ会場には素敵な紳士淑女がたくさん、そしてご本人木村純さんの登場、あ~なるほど!←木村純さんは洋服を着こなす方、とてもかっこいい方でありました。ホールの雰囲気にギターの音と木村氏のもつ雰囲気はぴったりでした。saxの三四郎さんpianoの鈴木厚志さんの演奏とともに少し早いクリスマスをすごしました。帰りの物販コーナーはすさまじかったですが…人気がある証拠です。

そして9日はガラリとかわって横浜日の出町にある韓国料理のお店「タレ」へ。友人の秋さんと青木さんと久々の再会。このメンバーで前回は川崎の「マダン」(←24H営業の韓国料理屋さん!和田さん、北見さんも一緒)で、第2回韓国料理ゴハン会、店内の壁にはメニューがびっしり、そして店長の趣味の写真もびっしり。甘辛タレが美味しい食事と懐かしい話で盛り上がりました。帰り道、ギラついた通りを歩くのもまたよし。二人とも久々にあったけれどますますキレイになって。いい感じよ~!

P051209_2310

| | Comments (3)

私の先生

kinnkaru_002_edited joan soler先生。

| | Comments (0)

秩父夜祭り

kinnkaru_021 kinnkaru_024 kinnkaru_019 kinnkaru_005 kinnkaru_011 寒い、人が多い、でも楽しかった…

| | Comments (2)

一心/大野慶人舞踏公演

初めて慶人さんの公演を見に行った、しかも我が師匠JOAN SOLER氏の演出と音響で。ジョアンはこのためにスペインから来日。私事で、先日肝となるライブを終えたあとでもあり、まっさらの自分にその意味は私の中に響き渡った。とにかく噛みしめた。絶対泣くまいとおもった。慶人先生の肉体の下にある骨が風景をうつしだしてくる。歩くという行為が自分が全くできていないことをおもいしらされる。最後に一雄先生と共に慶人先生が踊った。生きていこうと強く思う。生きていくためにしなければいけないことがたくさんある。私はこの時代にうまれることができて、たくさんの素晴らしい出会いがあるということを両親に感謝したい。

この日を待ち望んでいた観客で溢れ、公演後のフロアは誰もが笑顔だった。懐かしい顔がチラホラあって。Sさん、一緒に見に行けてよかったです!

| | Comments (4)

« October 2005 | Main | January 2006 »