春の気配

発酵する濁り酒

Dsc_9387


Img_20180213_081014

食欲も出てきて
Img_20180215_200414_858


好きな音楽を引っ張り出してきてユルユル踊り

Img_20180204_131700


Img_20180210_120715_437

御近所に出来たハンバーガーのお店はコエドビールが勢揃い、つまりそれはnice。

Dsc_9388

(あっという間に食べてフィギュアスケートを観るために家路に急ぐ)
Img_20180217_144222


ダウンはいつ仕舞おうか。
Imgp3130


|

老神温泉

Dsc_9390


Dsc_9385


Img_20180202_142045


Dsc_9389


Dsc_9396_2


Dsc_9401


|

慶春経て

Img_20180103_113059

母の味は金沢の日本酒と。
Img_20180109_073318


Dsc_9379


Img_20180102_103112_460


鶯の音色を聴きに、怜楽舎さまの新年の慶へ

Img_20180106_172534

新宿御苑
Img_20180106_173645_148

初薫はarabi
Dsc_9376

初出勤後の乾杯
Img_20180114_190913


|

師走には

残念ながら記録に撮り忘れてしまったものもいくつか

萬屋さん
Img_20171218_174310

肉の大山


Img_20171219_051315_2


Img_20171218_184858_238

シャンドワゾーの美しく艶やかなケーキ
Img_20171223_114012


Img_20171223_200405

1981年のリオハ

Img_20171223_190611_973


Img_20171223_190611_996

サンチノのパンはどれも美味しくユニーク

Img_20171223_151129


Dsc_9374


楽しかった

|

何故食べ物をアップするのか

牡蠣×クレソン

Img_20171115_191558_923

牛テールスープ、肉屋さんが尻尾の細いところをサービスで沢山譲ってくださって有り難い限り

Img_20171126_083350_135

オリーブオイルの会
Img_20171122_212149_562


ゆとりある空間、青いナポリ

Img_20171122_224527_148


Dsc_9335


Dsc_9338

冬の喜び
Dsc_9354

池袋grip
Dsc_9336

赤羽米山
Dsc_9345

豊田屋からの珈琲伯爵
Img_20171216_103559

御近所の、大事な串揚げやさん
Img_20171215_194738_304

自分の大事な人と過ごした記録
それだけ。

|

有難く頂きました

お祝いワイン
1511014236245

何時ものシャンドワゾー
Img_20171118_231220_2

新たにショコラとジェラートの御店を立ち上げて

お客様の切れ目が無い、それも当然な美味しさがこちらのお店にはあります。

私の知人の方々の住まいからは随分遠いからお勧めするのも何ですが、
たぶん凄いお店です。

来られない皆様の代わりに私が身をもって食べます、と言いたくなる

ちょっとしたシャンドワゾー教に今日も
覚醒。

ご馳走様でした。

|

ィヨコハマ

MoonCafe

Img_20171104_133918_968

私が本牧に行く理由

珈琲松
Dsc_9314


Img_20171104_144544_222

言わずもがな
Dsc_9311


あのお店もこのお店ももう無いから余計に記憶に固執する感じです。
あの頃自分にとって一番楽しかったとか云うの最悪なセンスだけれど
本当にそうなんだから仕方ない、友達と言える人と一緒によく来た場所。

|

goddesdanceparty

アリシアベイローレルさんと井上オハナさんの発案、オーガナイザーアヤコさんによる
ボヘミアンハロウィーンパーティー

CandleJuneさんのデコレーションで会場市ヶ谷Lowpがsamhain1色に。


22894439_10155159639225197_6

私はeden ahbez作のnatureboyという曲をアリシアさんのボーカルに合わせて踊りました。

22894348_10155159660870197_7

井上オハナさん
23032484_10155159662390197_7


23031603_10155159662345197_9

写真には写っておりませんがファイヤーダンスのアチコさん、ベリーダンスのアンキーさん皆様各々色とりどりの時間を舞いました。
目がキラキラのアリシアさんとフラダンサー、タヒチアンダンサーの皆様と
23244101_10155159638965197_7


有難うございました!!

↓私の衣装、ずいぶん前のGaultier

女神裸像転写プリントです。
踊ったり何かしているから実際は茶色っぽい衣装としか印象に無いと思われますが
改めて撮るとこんな感じ。

Img_20171026_082123_736


以上!

|

植物の力

季節の変わり目、五感に色々変化を


Img_20170922_080854_007


Dsc_9301


Img_20170927_191537


Dsc_9300


|

samhain/ハロウィーン🎃イベントのお知らせです

(私はこの度踊りで参加させて頂くことになりました)

しなやかで強い女性が沢山集い冬を迎えるお祝いをします。


場所/市ヶ谷lowpにて
http://kitchen.lowp.jp/

近年注目されているパーマカルチャーを60'から実践し、その豊かな生活のありかたが
美しい絵と共に綴られている1970年代のコミューン生活のバイブル『地球の上に生きる』(原題Living on the earth)の著者であり、オーガニックな歌声をもつミュージシャンでもあるアリシア・ベイ=ローレル。2017 Japanツアー、最後の夜に都内でのライブ&ダンスパーティーを開催します。
この日10/31は、ケルトの国ではSamhain(サウィン)と言われ、夏の終わりの日であり、新しい冬を迎える前夜。精霊たちの世界とのヴェールが最も薄くなると言われる、特別な夜です。Samhainは、のちにハロウィンとして広まり、ここ日本でも祝われるようになりました。
古代のケルト人は、日本の神道とおなじく神は万物に宿り、自然は神聖なものだと考え
ていました。この特別な夜に、アリシアとInoue Ohana、そしてファイアーダンス、舞踏、ベリーダンス、タヒチアンフラを舞う美しいダンサー達が地球の女神と精霊を讃えるダンスパーティーを開催します。
お料理とビーガンスイーツの用意もございます。
皆さま、お誘い合わせのうえお越しください。
《アリシアからのお願い》
もし可能であれば、カラフルで流れるような美しい服、キラキラと輝くアイテムを身に
つけてご参加ください。
*ご予約はpeatixにて受け付けております(下記に詳細あり)


☆出演
アリシア・ベイ=ローレル(Alicia Bay Laurel)
Inoue Ohana
Dancers : Achico (Fire dance), Ankhi (Belly dance),Kika (Butoh), Mihoko, Ai Sakurai (Hawaiian and Tahitian hula)
〔詳細↓〕
http://guacamole.tea-nifty.com/kika/2017/10/samhain-4e62.html
☆出店
Lowp Kitchen
ビーガン/ノン・ビーガンのディナー
Olie Ishii (Rainbow Caravan)
オーガニック・ビーガン・スイーツ ☆入場料
事前予約:ワンドリンク付き 2700円(peatix)
当日:ワンドリンク付き 3,000円
定員:70名 ☆予約
peatix:http://ptix.at/cPhAdJ
18:30
B1F OPEN

19:00 1st set
Inoue Ohana Live with Hula Dancers
Mihoko (Tahitian Hula) Ai Sakurai (Hawaiian Hula) Pat Ota (Hawaiian Hula)

20:00 2nd set
Alicia Bay Laurel Live with Dancers(Kika, Achico, Pat Ota, Ai Sakurai)

21:00 3rd set
Belly dance (Ankhi), Butoh (Kika), Fire Dance (Achico)
Mihoko (Tahitian Hula)
All Dancers and Staff

22:00 アリシアサイン会
ショーの後は、アリシアが著書とCDの販売、サイン会をいたします。(おひとりずつ、アリシアがメッセージと絵を描きます)


アリシア・ベイ=ローレル(Alicia Bay Laurel)
1949年アメリカ生まれ。母親の影響で、ボヘミアンな生き方に憧れていた彼女は、高校
卒業後、ヒッチハイクの旅に出る。そうしてたどり着いたのが、カリフォルニアの北部
にあるウィラーズランチ、いわゆるコミューン。当時、ランチには100人ほどの自由人
が、畑を作り、牛や馬を飼って生活していた。電気も水道もない森のなか、それぞれが
やりたいこと、やるべきことをしながらの暮らし。そこでの生活を綴った著書『地球の
上に生きる(living on the earth)』は日本でもベストセラーとなる。人が自然のなか
で暮らしていくための叡智が詰まった著書は続編も刊行され、現在も増刷を重ね、2009
年には総発行部数が8万部を超える。
シンガー・ソングライター、ミュージシャンとしても知られ、現在までに7枚のアルバ
ムをリリース。ピースフルな歌声が多くの人の心を魅了している。
http://www.aliciabaylaurel.com/21687925_1944521372227009_97


|

«再訪、酢飯屋さんへ(敬老の日にて)